家は武器

ADHD親子の、片付けられる家。

【良循環】準備ができていたから、始められた。

汚部屋生活から抜け出して

これまで、何年も何年もかけて、片付けをしてきました。

 

そしてコロナをきっかけに、本当はどう暮らしたいのか?

家族や自分が好きなことは何なのか?何をすれば生活の満足度が上がるのか?

リラックスや集中するにはどんな環境が自分達に必要なのか?

 

そんなことを考えて、移住を決断。

自分たちに合った家を建て、家事の無駄を減らして効率化し、必要なものを選び取り、暮らしを整えてきました。

 

夫が資産運用で資金的な心の余裕も生み出してくれました。

行政の相談支援を受けて、子どもたちを預ける決断をしました。

 

全ては自由な時間を手に入れて、本当に好きなことに取り組むためでした。

 

いつのまにか準備ができていた

4月に新しい勉強を始めてみて気がついたことは、思っていたよりもストレスなく始められたということでした。

 

もしここで、やりたいことを始めると同時に、苦労して時間を作らなければいけなかったら…

今までの生活習慣をガラッと変えなければならなかったら…

こんなに勉強を、新生活を、楽しめなかったと思います。

 

準備は既に、ちゃんと終わっていたのです。

おかげで心と時間に余裕が生まれていたからこそ、スムーズに新しいことを始められたのだと実感できました。

 

当たり前とも言えるのですが、こんな風に新生活がうまくいったのが37歳にもなって生まれて初めてだったので、とっても嬉しかったのです。

一番集中できるお気に入りのカフェ。

 

良循環とはこのことか

そもそもやりたいことを始める前の段階で。

心と時間に余裕が生まれると起こることがあります。

自分のやりたいことがはっきりしてくるのです。

 

やりたいこと自体、以前ははっきりとはわかりませんでした。

でも、生活が整い、余裕が生まれて、感受性豊かに過ごせるようになったら、好きだなぁ素敵だなぁと感じるアンテナがいつも立つようになったので、やりたいことが見つかったのです。

そして既に時間に余裕があったから、それに取り組めるようになったのです。

 

ある準備が整ったから次の行動がスムーズに行き、それがうまく行ったら、またさらに新しい素敵な何かを始められる。

そして今始めたことが、今度は次の何かの礎になると思うと、より一層今していることに価値を感じ、意欲が湧いてきます。

こんな良い循環をくるくる回していけたらいいなと思います。

 

「次の素敵な何か」に向けて準備したい

とはいえまだ、家の中や庭にも課題がたくさん残っているし、今後の家族の変化に合わせてその都度アップデートしていく必要もあります。

 

手に入れたこの家を、いざというときに心強い武器となるように、日々目的に合わせて研ぎ澄ませながら、「次の素敵な何か」のために準備していきたいと思います。

いつでもなんでも受け入れられるように。

食いしん坊の幸せモーニング。

ライフオーガナイザー®を目指しています!

ブログ休憩中にしていたこと

ブログを2ヶ月くらいお休みしていました。

 

4月から、次男が小学校に入学。末っ子はこども園に入園。

新生活に慣れるまでのバタバタに加え、ライフオーガナイザー®一級資格認定講座を受けていたので、ほぼそれに集中していたのです。

 

さらにはホントは秘密にしたかったけれどあまりに感動したのでお伝えしたいこと…これは次回のブログで話します。

 

生活改善をサポートする仕事がしたくて

私は発達障害アトピー、様々なアレルギーを持っていたこともあり、ほんの小さなことが大きなつまずきとなってしまい、日常生活がうまく回せず困った人生を送ってきました。

だからこそ私は小さなことを工夫して日常生活を効率よく回していくことに、人よりも敏感な人生を送ってきたと思います。

 

そして家族の協力や支えのおかげで少しずつ生活を改善。

暗い気持ちで混沌とした生活から抜け出し、楽しく充実した日々を過ごせるようになりました。

そんな姿を自宅に遊びに来てくれた友人が見て、「うちも片付けてよ!」と言ってくれたのです。しかも何人か。

たとえ社交辞令だったとしても嬉しく、私にとってはご褒美の言葉でした。

 

実際に生活が変わったことによってどれだけ「楽に・生きやすく(※ライフオーガナイザー協会の理念でもあります)」なったか。自分にも、家族にも優しくなれたか。どれほど幸福度が上がったか。

そんなことを思いかえしてみると、もし以前の私のような人がいて、もし助けを求めているとしたら、ぜひサポートさせてもらいたい、そう思ったのです。

 

SNSで片付けを仕事にされている方や、同じく発達障害で悩まれている方を何名もフォローさせていただいたのですが、それを見ていたらますます、「生活改善に関わる仕事がしたい」という気持ちが強くなっていきました。

 

なぜライフオーガナイザー®か?

生活改善の仕事…といえば、やっぱり片付けなのかな?と思い片付けの資格をググってみると…山程出てきたのです…早速混乱してしまいました…

 

でもその後、Xでフォローさせていただいてる方経由で運命の情報に出会ったのです。

ライフオーガナイザー協会で、発達障害などを一因として慢性的に片付けられない方をサポートするための専門人材を育てるプログラムがあると知ったのです。

jalo.jp

 

しかも、ライフオーガナイザーはその名の通り、「ライフ」を「オーガナイズ」するのです。ただ片付いてお部屋がきれいになることだけを提供しているのではないのです。

「本当はどんな暮らしがしたいのか」ひいては「どんな人生を送りたいのか」

そういったことから丁寧にヒアリングして、からまった思考を紐解いていくことから始めるそうです。

これは私の片付けを「糸口」にして「生活改善」をしたいという気持ちにぴったりの考え方でした。

 

ゴール設定は、誰もがうっとりするような美収納を決め込むことだけではありません。

一人一人違う理想と、実現&維持できるレベルの落とし所をうまく見つけて、その人だけのゴールを追求します。だからリバウンドも少ない。

方法も一つではなく、一人ひとりの習慣や特性に寄り添って最適な方法を探っていくのです。

 

多様性、オーダーメイド、パーソナルなお片付け法…こんなキーワードが浮かびました。大好きな言葉たち。

 

これは、もう勉強するしかない!と思いました。

受講料は現在収入のない私にはなかなかのお値段でしたが、思い切って受講。

今ではそれがお得だったと思えるほど大満足の内容でしたので、勇気を出して本当に良かったなと思っています。

 

受講して良かった!

まずは何より、先生方が本当に素敵でした!

お話のされ方が美しくて。温かさ優しさ誠実さが溢れている。

あぁ、こんな方にならぜひ片付けをお願いしたいって思うよなぁ。

片付けをお願いするって、自分の多少なりともネガティブな部分をさらけ出して委ねることだから。

安心してお願いしたいですよね。

 

思ったより課題が大変でしたが、ひぃひぃ言いながらも夢中になってできました。

楽しくて楽しくて仕方なかったです。

片付けや生活の仕組み改善にご興味のある方にはぜひおすすめしたい講座です。

 

片付けのことも、発達障害のことも、当事者だからといって自分の知っていることなんてほんの僅かだったし、勘違いもいっぱいあったと思い知らされました。

実際、良かれと思ってしていた収納を変えてみたら、家族に「片付けやすくなった!」と喜んでもらえました。

これについても後ほどブログにしたいと思います。

 

いや、まだ合格してないんですけどね笑

夢だけ語ります。笑

子育てや仕事に忙しい世代や、ご自身が発達障害、またはお子様が発達障害である方々にゆとりと時間を生み出すためのアイディアと実行策を提供して、日々を楽しむ余裕を作り、過度なストレスや、精神疾患を防いでいきたいと思います。


私はつまいずいてばかりの人生でしたが一方で、器用な人がどうにかできてしまうからこそ、実は根本的な解決に至っていないということが実はあるのだと考えています。

多くの人が人生の大切な時間を、目に見えないつまずきで失っている可能性があるのです。このつまずきを取り除くようなことは、誰にとっても価値があるのではないでしょうか?


誰もが生活を切り替えるタイミングに、住居選びや家具選びと同じように、小さなつまづきもなくしていき、生活動線や暮らしの仕組み、日課の最適化を再設計するということを当たり前にしていきたいです。

 

これから、こんなことができたらいいなというお話でした!

あえてバカになる?

何かを始めるのは怖い。すごく、怖い。

でも最初の一歩さえ踏み出してしまえば、踏み出した先の景色に夢中になれる。

最初の恐怖をどうやり過ごすかが問題だ。

 

「やり過ごす」

この態度が今の自分にはぴったりだ。

4月なんて、めちゃくちゃで当たり前だ。

何でも初めてで、始まりで、怖いに決まってる。

でもどんなに怖くても、6月頃になれば否が応でも新しい生活に慣れて、環境の変化よりも梅雨のベタベタなんかを気にしてるだろう。

 

要は時間の問題なのだ。

この緊張感、心配、焦り、不安…これも「今」、単体で見たら大問題なのだけども。

「今」解決しなくても、大丈夫なんだ。

数カ月後には消えてなくなる感情もあるから。

だから、無理に解決しようとか解消しようとせず、「やり過ごす」ことにしようと決めた。f:id:ichigosan:20240419003620j:image

 

新しいことを始めようとすると、やらなくていい理由や、やらない方がいい理由を山程思いつくことができる。

これも、変わることが怖いからだ。

何かを始めれば、必ず変化する。

その変化が、良いものかわからない不安だ。

 

勇気のない自分から耳元で「変わらない勧め」を囁かれた気がしたら、積極的にバカになろうと思う。

 

この歳になって新しいことを始めるだって?もう遅いだろ

→ふぁ〜?

そんなことできるわけがないよ。自分を買いかぶりすぎじゃない?

→ふぃ〜!

あんたよりもずっとうまくできる人が世の中にはゴマンといる。あんたなんかが出る幕はない。

→ふぅ~!

どうせ無理なことに、そんなエネルギー使うのか?無駄な努力だよ

→ふぇ〜。

自分のことなんかよりも、家族のために何かしなさいよ、自分勝手だな

→ふぉ〜。

 

気の抜けた返事でもしてすり抜けよう。

少しでも「変わりたい」「今と違う場所に行ってみたい」と思った、その小さくとも尊い向上心や好奇心を両手でしっかりと全力で守りながら進もう。f:id:ichigosan:20240419003507j:image

「生」について

最近、「生」について少し考えてみています。

 

きっかけはXで少し前に見かけた言葉。

少子化が深刻なことを受けて、「このご時世に何も考えず性欲に任せてポンポン子どもを生む人のことを馬鹿にできない」という話で、そういう人のことを褒めてしんぜよう、とのことです。

たくさんの人が賛同していました。

 

その発言をされた方は二人お子さんがいらっしゃるようなので、おそらく「何も考えずにポンポン産んだ」とされているのは、3人以上産んだ人、つまり私も対象。

ということは私もどうやら褒めてもらえるようです。

ありがたいやら哀しいやら。

 

ところで、川上未映子さんのエッセイ集「深く、しっかり息をして」の中に、小説「夏物語」に関連した、こんな一節がありました。(P.210)

子どもを生むことは素晴らしいことだと、多くの人は疑いもしない。だから、生んだ女性は生んだ理由を聞かれることはないけれど、生まなかった女性は理由を聞かれることが多い。

これは本当に嫌なことだけど、事実です。

 

私はこれに、

  • 一人目を生んだあとは、二人目をなぜ生まないのかと聞かれる
  • 3人目を生むと、また理由を聞かれるようになる

を追加したいと思います。

 

どうやら彼ら(尋ねる人々)にとっては、「子ども二人生むのが正解」のようなのです。

子どもが二人、というのが「計画的」で「かしこい」「成功者」なのだと…

 

なんなんでしょうかね。よくわかりません。

生もうが生まないが、何人生もうが、勝手にさせてくれよ、というのが本音です。

 

3人生むと、こう心配されるんです。

 

こんな時代に?

お金大丈夫?

良い教育受けさせてあげられなさそう。

全員あんまりかまってあげられなくて子どもがかわいそう。

 

では、いつの時代なら生んでもいいのか?

どれだけお金かけたら、どれだけかまってあげられたらいいか?

それが一人の場合と二人の場合と三人以上の場合とで、何がどう変わって、その子の人生にどんな風にどれくらい影響するのか?

 

たぶんその人もわかってるわけではないと思うので、いつも「さぁ、わかりません。頑張ります。」とだけ答えます。

 

特に、私のような障害を持つ人間には、「子を持つな」という人もいるようです。

でもね。言わせてくださいな。

 

アレルギーもアトピー発達障害も持ち合わせて生まれてきて、人付き合いも上手じゃないし、うまくいかないことはたくさんあったけれど、今まで生きてて良かったと思うし、心から幸せだと感じられる瞬間がたくさんあります。

 

生まれることは、チャンスそのもの。

生まれないことには何も出来ません。

賭けだけど、いろんな形の幸せがたくさんあるんだから、何かしらの種類の幸せは掴める可能性があります。

 

少なくとも私の子どもたちは私を心底幸せにしてくれているので、もうこの上ないくらいすでに人の役に立ち感謝されているのです。

一日一回以上笑えて、楽しく遊んだり夢中になれています。

 

この「生」に意味がないなんて、かわいそうだなんて、暗い予言なんて、言わないでほしいんですよ。

 

昔の名作ですが…子どもと一緒に「ブラック・ジャック」やら「レ・ミゼラブル」やら読み返していると、本当に、生きてるだけで素晴らしいんだってことを思い出します。

人間に上も下もなく、ただただその存在が尊い

 

我が家の子供達は田舎で、タワーマンションにも、都心の私立進学校にも縁がなく育っていくのだけれど、それが可哀想だっていう価値観の人達がいることを知ってはいるけれど、そんな視線から逃れた気持ちの良い場所で。

すくすくと逞しく、今日も生きています。

 

お手本の手法で片付け③子どもが自分で仕上げる

だいぶ片付いてきた子どもたちのスペースを、仕上げていきます。

これまでの様子↓

iewabuki.com

iewabuki.com

 

まずは、本棚に入り切らなかったおもちゃたちを整理します。

ベイブレードスタジアム、レゴで作ったもの、ナーフ、ライトセーバーなど。

形も大きさもバラバラで、しまうのが難しくて放置していたらこんなことに…

 

まずは、スペースを空けました。

お掃除もして、すっきり。

 

ここに、ピッタリの棚を見つけて入れたらこうなりました。

奥行きがもう少し欲しかったけど、幅や高さがちょうどよかったので採用しました。

ここにおもちゃたちを入れていきます。

まずレゴ専用の箱は、深くて取り出しにくく、パーツも探しにくかったので手放しました。

浅いカゴに広げて入れたら、探しやすくしまいやすくなりました。

サイズの合わないワゴンも解体、カゴだけ再利用して…

ちゃんとみんな収まってくれました!

レゴ収納をコンパクトにしたバージョン。

一番上の棚は、作り途中&完成したレゴを飾る場所として使えそうです。

ライトセーバーも差し込んでしまって…ひとまず完成です。

 

次は本棚を仕上げていきます。

息子に仮置きした本棚を見てもらって、使いにくさがないか、もっと良く出来ないか話し合いました。

すると彼の収納熱が刺激されたよう!

引き出しに分けてしまいたいと自分から言い出して。

一緒にネットサーフィンして、収納用品を選び(無印に決定)、買いに行きました。

ラベリングも自分で書いて貼ってくれました。

鏡文字になっていたり、横文字なのに右から始まっていたり…。

でも可愛いからそのまま採用。本人がわかればいいから。

 

今回、久しぶりに収納用品を買いました。

実は私自身は、こういうプラスティックの収納ケースがあまり好きではないし、細かく分ける収納も苦手です。

 

一方、次男は細かく仕分けしてきっちり引き出しに収めるのが好きみたいでした。

自分で考えた収納方法で、自分の選んだ引き出しに収めていくのはとても楽しそうで、私も嬉しくなっちゃいました。

 

しばらく様子を見ていて、今まで片付けは得意でなかった次男が積極的に物をしまうのを見て、やっぱり自分に合った収納方法が大事なんだなって実感しました。

(これはライフオーガナイズの授業で教わったとおり。)

 

これからは、私だけのやり方でなく、家族の好きなしまい方を取り入れて、さらに暮らしやすい家にしていきたいと思います。

 

お手本の手法で片付け②計画どおりにやってみる

引き続き、ライフオーガナイズの手法をお手本に、片付けていきます。

前回立てた計画↓のとおりに実行していきます!

iewabuki.com

1)机

①PCと充電器ケース以外を全部おろす→拭き掃除

↓最初の状態

机の上を空けて

窓枠のものも一旦下ろしました。

ほぼレゴだけにして、きれいに並べ直し。

プチブロは、一度除けて、別の場所に飾ろうと思います。

 

②勉強、本、筆記用具、机になくていいものに分ける。

③筆記用具をよく使うものだけにする

色鉛筆など混じっていました。

ペン立ての底に隠れていた消しゴムや鉛筆けずりを救出。

よく、「消しゴムがない!」と探しているので、コースターを消しゴムの定位置にしました。

 

④机になくていいもの、あまり使わないものは除けておく→棚の荷物に混ぜる

⑤使いやすい配置にものを戻す

 

2)棚

①アレクサ以外全部出す→拭き掃除

空っぽに!

机の上に全部出しました。

末っ子が何か取り出したぞ…

バラバラバラ~

わー!やめて~!

1歳児と一緒にする片付けなんて、こんなもんですよね…

 

②棚に入らないものを除ける→凹みスペースに移動

ここは後で整理します。

 

③仕分け

  • ものを人別、種類別に分ける

     

     

    ↑文房具

    ↑お絵かき系、など。紙袋にまとめて行きました。

 

④家にある入れ物で仮置き

  • 使用頻度の高いものは、使いやすい真ん中二段に集める
  • 飾るものは一番上の段に集める
  • 下二段は、末っ子が触っても良いものを置く
  • 引き出しやBOXを追加し、ラベリングして整理整頓

試しに置いてみていきます。

家にあった収納ケース、空き瓶や空き缶で試してみます。

マスキングテープで中身を書いたら

とりあえず収まった!

見た目は良くないですが、全ての定位置が決まり、だいぶすっきりしました。

 

⑤適切な収納ケースを考える

ここから検証作業に入ります。

次男が気に入ってくれたのは、セロハンテープを戻す場所の、コの字の印↓。

「他のところにも貼って!箱ごと出したときにどこに戻すかわからなくなるでしょ?」とのこと。

こちら↓の引き出しは好評でしたので、そのまま使うことに。

中身がうっすら見えるところが好きだそう。

見えないほうが好きっていう方もいらっしゃると思います。

このあたりは好みになります。

 

ワンアクションでしまえた方がいいかなと思ってこうしたところ↓は、引き出しにしてすっきりさせたいとリクエストがあったので、引き出しを買い足して変更しようと思います。

「書く」「切る」「貼る」などの分類がわかりやすいとのこと。

「その他」電卓なども入れて、4段引き出しを探しに行こうと思います。

 

⑥収納ケースの購入

⑦しまう

 

とりあえず、机の上と棚はここまでで一段落。

ものの定位置が決まるとモヤモヤがなくなりました!

最後に、机右手にある凹みスペースを片付け、仕上げて行こうと思います。

お手本の手法で片付け①ゴールを決める

自己流で行き詰まっていたところ

これまで、自己流で片付けてきましたが、どうしても上手くいかないところがありました。

そこは、息子たちのスペースです。

  • おもちゃが色々あり、入れ替わりもあり、物が把握しづらい
  • 自分が使うわけではないので、手を入れづらい

そんなわけで、新居に移って一年以上経った今まで、ほとんど手つかずで過ごしてしまったのです。

↑無法地帯!

 

そこで先日勉強した、「ライフオーガナイズ」の方法をお手本にして片付けてみることにしました。

まずは、やみくもに動き始める前にしっかりと計画を立てていきます。

 

価値観の確認

子どもたちに聞きました。

「できるだけたくさん遊びたい!(探しものや片付けに時間を割きたくない)」

一番変えたい(場所)ことは?

こちらの棚!

何がどこにあるかわかりません。



 

ゴールの設定

目的

やりたいことにすぐに取りかかれる、集中できる

目標

誰もが使いやすく戻しやすい、わかりやすい収納

すっきりとした机の上にする

 

場所

息子たちのスペース 

①机の上(200×50cm)

②棚の中 枠(33×33×39cm)が12こ分

③机右手の凹みスペース(76×111×41cm)

 

f:id:ichigosan:20240311090419j:image

 

使える時間

週末3時間×3日間

 

期限

3月末までに片付けて、4月気持ちよく新学期を迎えたい

 

順番

①机の上(簡単に始めやすい)

②棚(片付いた机の上に中身を一旦全部出す)

③凹みスペース(棚に入らなかったものをしまう)

 

現状把握

  • 棚に無造作に色んなものが置かれている、もしくは床に落ちている
  • 奥のものが見えない、埋もれている
  • ブロックなどの作品の置き場がなくて困っている

 

ゴールと現状のギャップの抽出

  • ものの定位置が決まっていない
  • 誰のものか、何のためのものか、区別されていない
  • 収納ケースの中身がわからない
  • しまいたいものと、収納のサイズが合っていない

 

ギャップを埋めるための具体的な行動

1)机

①PCと充電器ケース以外を全部おろす→拭き掃除

②勉強、本、筆記用具、机になくていいものに分ける

③筆記用具をよく使うものだけにする

④机になくていいもの、あまり使わないものは除けておく→棚の荷物に混ぜる

⑤使いやすい配置にものを戻す

 

2)棚

①アレクサ以外全部出す→拭き掃除

②棚に入らないものを除ける→凹みスペースに移動

③仕分け

  • ものを人別、種類別に分ける

④家にある入れ物で仮置き

  • 使用頻度の高いものは、使いやすい真ん中二段に集める
  • 飾るものは一番上の段に集める
  • 下二段は、末っ子が触っても良いものを置く
  • 引き出しやBOXを追加し、ラベリングして整理整頓

⑤適切な収納ケースを考える

⑥収納ケースの購入

⑦しまう

 

3)机右手の凹みスペース

①全部どかす→掃除

②必要ならレゴの分別

③ナーフは玉と銃をわける

④使いにくいIKEAのワゴンは別のものに買い替え

⑤しまう

 

スケジュールを決める

毎週末、3時間ずつ。できなかったところは平日に。

1日目:机の上と棚の整理(仮置きまで)、凹みスペースの家具選定&購入

2日目:検証結果の反映と、凹みスペースの整理、家具組み立て、設置まで

3日目:予備日。使ってみて使いにくいところを直す。

 

ここまで決めたら、次はやっと行動に移ります!

うまくいくかな?

iewabuki.com