家は武器

ADHD親子の、片付けられる家。

夫婦でシミ取りレーザー決行!「身の丈美容」version up!

変わってしまった私

以前からさんざん、そばかす~なんて~気にしないわ~!って言ってきました。

シミ一つない肌を目指すことを余儀なくされる世の中の有言無言の「圧」に徹底的に反抗する所存でした。

 

iewabuki.com

 

iewabuki.com

でもね…いくら悔しくても、そんなにきれいになる必要がないとわかっていても、「できるだけきれいになりたい」って気持ちはどうしても消えて無くなってはくれませんでした。

私にとって、シミ・そばかすのない肌はいわゆる「すっぱいぶどう」だったのだと思います。

手が届かないからこそ、「私には必要ないもの」と頑張って開き直ってきたのですが…

 

自分の気持に正直に向き合うと、「きれいになりたい!」

もちろん、以前ブログに書いた、アメリカで見たおばちゃまたちが素敵だと思う気持ちに変わりはありません。

 

でも、毎日鏡を見るたびに、暗い気持ちになっていく。

すっぴんで過ごす時間がしんどい。

ついつい厚めになっていくファンデーション。

 

それはやっぱり、「きれいになりたい!」という心のSOSだなぁと、正直に認めざるを得ませんでした。

 

ただし!高級化粧品はなるべく使いたくない…

だって、美白美容液とか、一本5,000円とか一万円とか、それ以上するじゃないですか。

そんなの毎月買えるご身分ではないのですよ。

 

そこで夫と話し合ったところ…

 

夫婦でシミ取りレーザー決行!!

結果からご覧ください。

Before(施術前)

After(施術2回6日後)

Before(施術2回目2日後)

After(施術2回目6日後)

薄いシミや赤みは取れませんが、目立つそばかすはほとんどなくなりました!

 

他の病院では1mm✕1mmで5,000円、なんて金額も目にしたのですが、私たちが行ったのは田舎の皮膚科だからか、全顔で6,600~9,900円でした。(回数や出力によって料金が違う?)

私は1度目が初診料含めて9,900円、2回目が7,700円でした。

2回で合計5週間。5週間でここまでの変化があれば17,600円の出費はお安いのではないかと思いました。

効果は波及していく

素肌がきれいになったのが励みになり、他の美容にも挑戦しました。

まずは十数年ぶりのマニュキュアをするように。

自分のために、ほどよい美容を施せるのがとっても嬉しくて!

甘皮などは処理してなくて、ラフな仕上がり&淡い変化ですが、手元が目に入るたびに気分が上がります。

「短い指と爪の私の手には、何も似合わない」と思い込んで、今までマニュキュアには苦手意識しかありませんでした。

でも、自分の肌(Winter)に合う色味で、不器用な私にも塗りやすいマニュキュアをやっと見つけられて、やったー!と心のなかで叫んでおります。

程よいピンク色が桜貝みたいですごくかわいい。と思う。

それから、世の中で「絶対したほうがいい!」と言われているシートマスクにも、やっと挑戦しました。

面倒くささをなんとか乗り越え、顔にぴったり貼り付けるのに四苦八苦しながら頑張っております。

確かにとっても気持ちいいし、保湿されている感じはします。

刺激を感じやすいのですが、しみなかった!

↓こちらがなくなるまでは続けてみようと思います。

私はコストコで2,500円くらい?で購入しました。

 

サボっていたまつげパーマも復活。

忙しいと言い訳して逃げ回っていたまつげパーマも再開。

ビューラーもマスカラも言うことを聞かせられない私の剛毛まつげに曲線が戻ってきました。

やっぱりまつげが上向きだと景色が変わる!(気がする)

とまでは言い切れませんが、お化粧していなくても目元がはっきりしてくれます。

まつげパーマは面倒なのは確かなのですが、効果が抜群なので引き続きこれは頑張りたいと思います。

セールのときに2,000円位で購入しました↓

m.qoo10.jp

 

素顔でいる時間も気分良く

美容に苦手意識ばかりの私でしたが、素肌が以前よりもきれいになったことで美容に対する意識がだいぶ変わりました。

こんなに気分を明るくしてくれるなら、もっとチャレンジしてみよう。

恥ずかしがらずに、きれいになりたいことを認めよう。

そう素直に思えるようになりました。

 

一番嬉しかったことは、大好きなパジャマタイムがより楽しく過ごせるようになったことです。

お風呂上がりにもまつげが上を向いていて、爪がきれいで、シミの目立たない肌なので、今までのクタクタなTシャツはやめて、ちょっと素敵なパジャマが着たくなります。

以前シンガポールで一目惚れして購入したローブ…すっぴんで着てみて「やっぱり似合わない!」とお蔵入りしてしまったローブを着る勇気が湧いてきました。

Amaryllis (Ankle)themariposacollection.com

夜着てみようかな…?

子どもたちに「どうしたどうした?!」って笑われてもいいから。

だっておうちの中は自由ですもの。

キレイなローブを着たら、いい夢を見れそうな気がします。

結婚11年目のADHD夫婦、妻の告白

しばらく片付けの話ばかりだったので、少し休憩して、最も個人的な話をつらつらと書きたいと思います。

ASDADHDの夫婦が多い???

今日、こちらの本を読んでいました(また片付けの本じゃん)。

改めて、私の初心(ADHDでも幸せになろう)を思い返せるような内容でした。

 

ひとつ気になったのが、こちらの文章。

ADHDASDカップルは世の中にけっこういるといわれています。

ADHDにとっては自分にないものを持っているASDにひかれ

ASDはめんどう見がよくお世話好きなADHDにひかれる傾向があるのかも

 

あれれー?これ、私たち夫婦の話に似てないか???

(でも、漫画ではASDが夫でADHDが妻だけど、うちの場合は逆パターン。しかも、ADHD診断を受けているのは私の方。)

つまり、夫は私のことを「自分とは真逆で面白い」と思っていてくれ、私は夫のことを「めんどう見がよくお世話好き」でほんとありがたい!と思っているのです。

 

私は好きなことにのめり込んで周りや時間が見えなくなるタイプ。

要領や段取りが悪く、数字が苦手。人付き合いも得意な方ではありません。

不注意優勢型のADHDの診断を受けましたが、ASDの方の特徴を聞くと思い当たる部分もあります。

 

一方、マルチタスクも時間管理もお金管理も得意で、要領も段取りもよく、社交的な夫は私と正反対です。

多動傾向が強く、全国を飛び回っては友達を増やして帰ってきます。

 

そんな二人が高校時代から付き合っていて、4年間離れた期間がありましたが結婚。

気づけば11年経とうとしています。

20年前、高校生だった

11年前、紆余曲折を経て結婚したころ

一人目を妊娠した頃

 

一般的な夫婦と役割が間逆

「見えない家事」をしているのは

いっとき話題になっていました。

夫が知らぬ間に主婦がしてくれていることがこんなにあるんだよ!という話です。

うちの場合、夫が「見えない家事」をしてくれています。日用品の補充、ストック管理、ゴミ出し準備、換気扇や排水口やエアコなどのフィルター掃除…。

 

「見える家事」をしているのは?

…それも主に夫なんです。料理、洗濯、掃除、子どもと遊ぶ、子どもの勉強を見る…

田舎の戸建てに引っ越してからは芝刈り、洗車(車検や保険など車の管理)も。

 

お金の管理は?

夫がしてくれています。

保険、税金、資産運用、何でも来いです。

 

PTAや地域の係、ご近所付き合いは?

それも夫がしてくれて…

去年はこども園の保護者会長、小学校の学級委員長をしてくれました。

今年はPTA役員と地域の地区委員をしてくれています…

 

ってことは生活費を稼いでいるのは奥さんなんですか?

それも夫なんです…

 

ってことは何もしてないんじゃ…。

その通りなんです…

 

唯一できること

私は、片付けだけはなぜか大好きなんです。掃除も割と好きです。

洗濯物をきれいにたたむのも好きだし、何かをきれいに並べて整理整頓することは本当に趣味といえます。

子どもたちの認識としては、冒険・遊び→お父さんの担当、リラックス・絵本読み・就寝→お母さんの担当です。

つまり一緒にゴロゴロするというなんとも楽な役回りです。

あと、お弁当の日は私がお弁当を作っています。それだけはしています。

(卵焼きはお父さん担当ですが)

あと割としょっちゅう夫は出張に行くので、そのときはちゃんと全部現代のテクノロジーを駆使して最低限なんとかこなしています。

それはこれまでブログに書いてきたとおりです。

 

なぜ続いているのかわかりません

なぜこの関係が続いているのか、私にもわかりません。

夫の方にばかり負担がいってるのは確かですが、なぜかこの家庭を続けていてくれています。

育休を2年もとってくれ、家事育児のサポートが引き続きできるように(そのためだけではないにせよ)退職・独立し、自由の効く働き方に変えてくれました。

 

私は夫が今でも大好きで、恋をしています(たぶん片想い)。

1日でも長くこの幸せが続くように、祈るばかりです。

 

なんでこんなことを書いたかというと

自慢であることは間違いないです。反対の立場で(うちの夫側の立場で)苦しんでいる女性が多い中、反感を買う内容だと思います。

でも、私がこのブログを書き始めたのは、過去の私=ADHDアトピーで女性の幸せを諦めかけている方に、こんな例もあることを知ってもらいたかったからです。

日々、「今幸せでいることを、タイムマシンに乗って過去落ち込んでいた自分に知らせたい」と思います。

もし未来に希望があるとすれば、もう少し日々明るい気持ちで過ごせたかもしれない、そう考えて、私はあえて、楽しい家庭生活の情報を発信することにしています。

 

結婚・妊娠・出産・育児は、リスクでありチャンス

もちろん当たり前のことですが、したくなければ無理してするものでは絶対にありません。

でも、少しでも興味があったりいいかもと思うなら、それらを経験してみるのも素敵なことです。

結婚・妊娠・出産・育児については、ただでさえ怖い情報ばかりが飛び交っています。

確かに、壮絶な経験をされている方もいらっしゃると思います。

特に発達障害を抱えている方には、それらを前向きな気持ちで捉えることは難しいかもしれません。

でも、「リスク」は本来、「チャンス」という意味が含まれているそうなのです。

リスクを取らなければ、チャンスも得られない。

そのとおりだと思います。

 

そんなわけで、仕事にも挑戦したいなと思っています

正直、これまでのアルバイトや仕事で、たくさんのご迷惑をおかけしてきて、トラウマレベルなのですが…

もう一度、唯一できる「片付け」を仕事にできないか模索中です。

今日読んだ本を書かれた西原三葉さんも、ADHDながらご自分の特性に合わせた仕事で自立し、3人のお子さんを、お一人で育てられたとのことです。

こういった明るい未来を見せてくれる先輩方の情報を追って、前向きに日々を過ごしていきたいと思います。

片付け実録⑥嵐が去った玄関!収納に一時置きの余裕を生みました。

玄関の問題点おさらい

嵐が来たように散らかっていたんですよね。

扉があると誰もしまってくれないからと、オープン靴棚にしたのですが…

置き方や置き場所に全くルールがないのが、逆に迷いを生んでしまい、しまいづらくなっていたようなんです。

おもちゃも色々置かれていたし、目線の高さはごちゃごちゃ。

末っ子が歩くようになり増えた靴たちと、急にいただくお下がり、届いた荷物…

以前よりかなり物量が多くなっていました。

iewabuki.com

ここは、引き算の片付けの出番だと思い、こんな風に計画しました。

iewabuki.com

片付けていきます!

 

1日目 3時間  Before→After

具体的な作業内容

amzn.asia

 

2日目  1時間  Before→After

具体的な作業内容

おわりに

今回7足手放したのですが、片付け始める前に「今の生活で何を大切にするか」を決められていたので、さっと判断できスムーズに片付きました。

やはり、予め思考の整理をしておくことは重要です。

 

また、足跡シールの効果が抜群だったのでびっくりしました。

特に長男が「なんかすごい置きやすくなった!」と気に入ってくれて。

長男は収納する際、空間に仕切りがないと混乱するタイプなのだと今回初めて気が付きました。

ある程度のルールがあると、安心する一例だっと思います。

置き方が自由な分、乱れやすくもあるので、オープン棚は実は上級者向け・難易度が高いのだと、学びました。

 

人が習慣を身につけるのには21日かかると聞いたことがあります。

帰宅後の流れが身につくまで、気長に見守っていこうと思います。

片付け実録⑤スタディルームの改善!好きなことをとことん楽しめる部屋に

スタディルームの問題点おさらい

長男が読書とレゴが好きなのに本をしまう場所がなく、レゴを飾る場所ももうなくなってしまっていました。

次男が文房具を細かく分類したくて引き出しを買ったのに、実際には分類してしまうのが面倒くさくて元に戻せなくなってしまっていました。

結果、よく使う折り紙やはさみが床に置きっぱなしになり危険な状態に…

 

iewabuki.com

なので、こんな風に計画してきました。

 

iewabuki.com

早速改善していきます!

 

1日目 1時間  Before→After

具体的な作業内容

 

2日目  3時間   Before→After

具体的な作業内容

 

おわりに

分類を易しくして、より簡単にしまえるようになりました。

特に、ワゴンを思い切って導入したのはとっても良かったです。

使いたい場所に持っていけるし、仕分けしつつワンアクションでしまえるし。

はさみが床置きされることがほとんどなくなりました。

これからも子どもたちの「好き」を応援したいと思います。

片付け実録④IKEA PAXのロッカー 学用品収納の改善

これまで

片付けの準備を入念にしてきました。

iewabuki.com

iewabuki.com

iewabuki.com

さぁやっと、作業を始めます!

 

1日目 1時間  Before→After

具体的な作業内容

 

2日目  3時間  Before→After

具体的な作業内容

 


3日目 1時間  Before→After

具体的な作業内容

おわりに

棚板の高さを変えるだけでもかなり使いやすくなったと思います。

かける収納から、放り込み収納に変えたことは片付けやすくなる効果大でした。

ロッカールーム内で手紙のやり取りが完結できるようになったことは本当に便利!

これから夏にかけて毎日プールカードにはんこ押さなきゃいけないので大助かりです。

今後も子どもたちの成長に合わせて収納の高さや方法、ラベリングの内容も見直していきたいと思います。

 

片付け実録③何をしたら理想に近づけるか計画しよう!

現実的で納得の行くゴールを見極める

前回までで、現実と理想のギャップを見つめたことで、解決の方向性が見えてきました。

iewabuki.com

次に、「何をしたら、どんな状態になれるのか?」

以前まとめた要望を元に、さらに詳しく具体的な完成図をイメージしていきます。

現状を見たうえで、現実的に達成できそうな落とし所を見つけます。

 

ここでのポイントは、できるだけ数値に表せるような目標を持つことです。

わかりやすい目安があれば行動しやすくなりますし、達成できたかどうかが明確にわかり、成果をしっかり実感することができるからです。

 

そのゴールを設定することで起こるメリット・デメリットも合わせて確認しておきます。

そのうえで、自分が本当に求めていて納得の行くゴールなのか、見極めます。

 

最終的に作業が終わった後、チェック項目として使えるように、まとめておきます。

私は今回のゴールをこんな風に設定してみました。

 

 

作業内容とスケジュール

自分が片付けに使える時間を確保し、作業内容とスケジュールを決めていきます。

作業は簡単に言うと、仕分けする→しまいやすい場所と方法を決める→しまうの流れです。

仕分けは「要・不要」の二択だと決めきれないので、「迷う」や「保留」も項目としてありです。

今回片付けるロッカーなどは、用途別に仕分けるとわかりやすくしまえそうでした。

なお、収納方法に関して現時点で決めきれないところは、いくつかパターンを考えておきます。

 

こんな風に計画してみました。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

新たに購入する収納用品を考える

他にも上に書ききれなかった購入候補の商品を確認しておきます。

 

 

さぁ、これでやっと作業を始められます!結果はいかに?!

引き続きお付き合いいただければ幸いです。

片付け実録②現実と理想の違いを見てみよう!

一番変えたいことと、理想のイメージ

前回、価値観やこれからの希望、悩みなどを整理してきました。

iewabuki.com

すると一番変えたいことは、一言でいうとこんなことだとはっきりしてきました。

  • 玄関→靴が出しっぱなしなこと。
  • ロッカー・スタディルーム→次男の片付けがうまくいかない。

 

そして理想のイメージを、こんな風に持つことができました。

  • 玄関→たたきに何もなくさっと掃除が始められる。一時置きもできる余裕がある。
  • ロッカー→5分で片付け&支度ができる。
  • スタディルーム→好きなものがたくさん飾れる&しまえる。
  • 共通→さっと片付くので好きなことをする時間が増える、心穏やかでいられる。

 

ちなみに目指す仕上がりのレベル感をイメージしておくことも大切です。

こちらの本から引用しますと

 

「ストレスフリー」→「すっきり」→「素敵」の順に、仕上がりレベルは上がっていきます。

今あるストレスがひとまず軽減されればよいのか?

もう少し整えて見た目にもすっきりさせるのか?

それともさらに、うっとりするような美しい収納を目指すのか…?

 

私は「美収納」とまでは言えなくても、家族が使いやすくて、ある程度すっきり見えれば、気持ちよく過ごせるだろうと思い、今回は「すっきり」レベルを目指すことにしました。

 

それでは、以上を踏まえながら、この理想と現状がどんな風に違うのか見ていきます。

 

現実をありのままに見てみる!

ポイントは、大目に見ることも、卑下することもしないで、ありのままに見てみるということ。

ライフオーガナイズの先生がよくおっしゃっていました。「俯瞰しましょう」と。

客観的に、見たままの様子を書き出していきます。

そして気がついたこともメモしていきます。

  • ごちゃごちゃの原因は、目線の高さの物量かも…
  • 末っ子が歩けるようになって一気に靴が増えたなぁ
  • ボールをしまう場所はここじゃないな
  • 靴が乱れやすいのは、戻す場所や置き方のルールが全くないからなのかも…
  • 履かなくなった靴を整理したら、ほしかった一時置きスペースができるかも!

  • 上の方のポールに手が届かないので、フックをつかわなくなっちゃったんだな。
  • それでよく使うリュックが、ランドセル置き場を占拠するようになったんだ…
  • 次男の身長では「かける収納」が難しい。でも「放り込む収納」はできている。
  • 手の届く範囲に収納を集中させたほうが良さそう。
  • 奥にライトを付けたいな。
  • ちなみに、帰宅後の片付けが長引く原因は、お手紙を置く場所が決まっおらず、私に直接渡そうと探して家中ウロウロしてしまうため。定位置決めないとな。

  • 長男は本が好きなのに、置き場所が全くないな。レゴももうこれ以上飾れない
  • 分類を易しくして、一つ一つのBOXをもっと大きくしたら片付けやすくなるかも
  • 壁面や、本棚の一区画のうち半分は空いている。その空間を活かせば本とレゴのスペースを作れそう!
  • 折り紙や文房具は本棚ではなくて、デスクの近くにしまったほうが置きっぱなしにならなくてもすむかも

解決の方向性が見えてきた!

 

次回は以上を踏まえて、具体的に何をしたら理想に近づけるかを考え、計画を立てていきます。お付き合いいただけましたら幸いです。